東京都議会議員・斉藤やすひろのホームページです。東京・目黒の未来を創るため「すぐ動く。行動第一の50才」です。ここでは、斉藤やすひろの活動を紹介しています。


HOME >> やすひろ日記
【動物愛護】都が動物愛護アニメを作成し発表しました!
2015,09,12, Saturday
今年の動物愛護週間は9月20〜26日の間におこなわれます。メインテーマは「飼う前も、飼ってからも考えよう」です。

都の動物愛護相談センターが引き取る犬猫の中には、飼い主であった高齢者が亡くなることで、すみかを失った結果、入所することになったケースが多いと聞きました。
高齢者にとって、時にペットはかけがえの無いパートナー・家族そのものでありますが、高齢であるが故に、万が一ご自身が飼えなくなった場合に、ペットをどうするかを予め家族やボランティアの方に相談し、決めておくことも重要です。先ごろ視察した横須賀市の特別養護老人ホームでは、伴侶動物を一緒に入所でき、飼い主無きあとは施設が里親になる仕組みを作りあげていました。

私は、本年の2月25日に行われた東京都議会平成27年第1回定例会の一般質問で、ペットの終生飼養つまり、最後の看取りまでしっかり飼養できる人が飼い主になること、また生態特性に応じた適正な飼養をするべきであると主張し、都はその普及啓発をすべきと質問をしました。
私の質問を受けて、都は「終生飼養の重要性を喚起するポスターを作成し、高齢者を対象に、飼育困難時の家族等の協力や相談窓口の確認などを盛り込んだパンフレットを新たに作成し、区市町村の福祉部門などを通じて配布する」こと、また「子ども向けにわかりやすくマンガで適正飼養・終生飼養を解説した『犬を飼うってステキです―か?』という冊子のDVD化を行う」と答弁しました。

この9月、動物愛護週間に間に合わせて『犬を飼うってステキです―か?』がアニメ化され、9月11日に発表されました。
15秒と20分の2種類のバージョンを作成。今後DVDを都内小学校や公立図書館等へ配布されます。また、YouTube東京都チャンネルで公開します。また、様々な動物愛護イベントなどで放映していきます。
【15秒バージョン】https://www.youtube.com/watch?v=kJ7hCYvilJ0
【20分バージョン】https://www.youtube.com/watch?v=LuxF-sOabqA
また、遺棄・虐待防止ポスターも作成されました。警察署や都立公園等に掲示されます。こちらも都のホームページhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/からダウンロードできます。

2020年東京オリンピック・パラリンピックをはじめ多くの外国人観光客が来日する、首都東京として恥ずかしくない動物との共生社会を構築していきたと思います。


02:36 AM

 


Copyright (C) Yasuhiro Saito. All Rights Reserved.

Copyright (C) Yasuhiro Saito. All Rights Reserved.