東京都議会議員・斉藤やすひろのホームページです。東京・目黒の未来を創るため「すぐ動く。行動第一の50才」です。ここでは、斉藤やすひろの活動を紹介しています。


HOME >> やすひろ日記
平成28年第四回定例会一般質問にのぞんで
2016,12,08, Thursday
小池都政がスタートして4ヶ月。都議会公明党が推薦した候補が破れ、291万票という圧倒的な都民の支持を得て小池知事が誕生しました。

知事就任直後に都議会公明党に挨拶にこれらた小池知事は以下のように述べました。
「私は都議会公明党が都政において果たして役割が如何に大きいかを十分に認識しております。私は都政の経験がありませんので、何かと都議会公明党の皆様にはお世話になると思いますが、どうぞ宜しくお願いします」と。緊急で23名中20名が集まり、立って迎えた私たちからは自然と拍手が起こりました。

都民ファーストを掲げ、「都政の大改革」を実行しようと船出した小池丸ですが、都議会公明党には羅針盤の役割を期待しておられるように感じます。
「大衆とともに・・」の立党の原点及び、50年以上前の「調査無くして発言なし」といった政治手法、また汚職まみれの議会の出直し求めたリコール解散署名運動、など政治浄化の源流をもつ都議会公明党に対する小池知事の熱い期待を定例会ごとに強く感じます。

第4回定例会での知事が述べた所信表明演説のテーマに「新しい東京」を目指していく、との決意が随所に述べれらています。

私の政治活動上のキャッチは「すぐ動く!新しい東京を目黒から」ですので、呼吸が余りに合っているので驚きました。

本日は小池都政になって初めての一般質問にのぞみましたが、知事答弁も2問ありましたがいずれも丁寧なものでした。是々非々での関係は本来の知事と議会の二元代表制の基本ですが、ともに都民のため、大義ある政策展開で、自ずと信頼関係は深まっていくものと思います。

いずれにしても、来夏の都議選の季節に向かって都議会公明党は「都政の改革」を推進する原動力になっていく決意です。


11:50 PM

 


Copyright (C) Yasuhiro Saito. All Rights Reserved.

Copyright (C) Yasuhiro Saito. All Rights Reserved.